性器ヘルペスの治療に包茎手術は効果があるのか?

性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルスによって起こる感染症で、性器に発症するため性器ヘルペスと呼ばれています。症状は男女や感染した患部によって様々ですが、男性の場合は主に痒みや違和感、水膨れのようなものが下半身の陰部を中心に表れます。厄介なのは性器ヘルペスの症状は幅広い範囲で現れ、お尻や肛門、直腸内や口内など様々な部分に次々と感染していくのが問題です。主な感染経路は性行為によるもので、一度感染すると再発性の高い病気であるため治療には細心の注意が必要です。

 

性器ヘルペスではありませんが、耳の中などにヘルペスが出来る事もあります。この場合は耳の痛みだけでなく頭痛にも発展しやすいですし、抗生物質や軟膏を2週間以上使い続けても治らない事があります。ヘルペスは一度感染すると中々厄介な病気なのです。

 

包茎手術を行っている病院・クリニックでは性器ヘルペスの治療を行っている所も多いため違和感があったらなるべく早めに診断に行きましょう。最初は水膨れのようなものができ、痒みを感じる程度ですが悪化すると激しい痛みを感じ、恋人や奥さんに感染させてしまうこともあるため早期治療が重要です。治療は包茎手術のように大がかりなものではなく基本塗布薬や飲み薬で済むため手軽に行うことができます

 

また包茎手術を行う事で再発を防ぐことができるとも言われています。性器ヘルペスのウィルスは包皮の神経部分に潜伏していると言われており、この部分を切除することでウィルスを完全に除去し再発を防ぐことが出来ると言うものです。ただしこの方法はまだ医学的に確証がなく、神経部分を取り除くことで不感症になる人もいるため安易に手を出さないようにしましょう。

性器ヘルペスの治療に包茎手術は効果があるのか?関連ページ

誰にでもフォアダイスのように性病でない出来物はできる
男性のシンボル的存在であるペニスには、何らかの出来物ができることがあります。

このページの先頭へ戻る