保険なしの自由診療の包茎手術にはどんなメリットがあるの?

真性包茎やカントン包茎の方の場合には、総合病院の泌尿器科で医療保険を使って包茎手術を受ける事も可能であり、仮性包茎の方の場合には、保険なしの自由診療で費用は自己負担という事が一般的です。保険が使える真性包茎やカントン包茎の方の場合でも、審美面や手術後の仕上がりにこだわりたいという方は、美容外科や男性専門クリニックで、保険なしの自由診療での治療も考慮してみると良いかもいれません。

 

費用面で比較をすると、保険なしよりは保険ありのほうが、自己負担が安くつくというメリットはあるのですが、耳鼻科や外科なども一緒に併設されている総合病院で包茎手術を受けるという事と、プライバシーに配慮された男性だけのスタッフで対応してくれる男性専門のクリニックを比較すると、費用面ではメリットがあっても、恥ずかしい思いをするという点ではデメリットがある場合もありますよね。

 

なるべく包茎手術を受けた事を誰にも知られたくない、ましてや受付の女性スタッフや看護士さんにも知られたくない!という方には、保険なしのクリニックの方がご自身にマッチする可能性もありますから、費用面だけではなく、しっかりと事前に治療の内容やサービスも比較をしてみるようにしましょう。

 

また、包茎を専門としたクリニックには包茎手術に熟練した医師が在籍しています。簡単な器具を用いた手軽な方法ではなく、手作業で患者ごとの性器にあった手術が受けられます。そうする事で当然仕上がりが自然になったり、術後の感度低下などマイナスになりうるリスクが少なくなります。福岡で包茎手術を受けるならABCクリニックなどは凄く評判です。手作業のSカットでも105,000円から受ける事が出来ますし、キャンペーンを適用させれば73,500円から可能となります。

保険なしの自由診療の包茎手術にはどんなメリットがあるの?関連ページ

実際に包茎手術の費用ってどれぐらいかかるの?
ご自身の包茎のタイプが、真性包茎なのかカントン包茎なのか、それとも仮性包茎なのかによって包茎手術の費用は変わってきます。

このページの先頭へ戻る