実際に包茎手術の費用ってどれぐらいかかるの?

ご自身の包茎のタイプが、真性包茎なのかカントン包茎なのか、それとも仮性包茎なのかによって包茎手術の費用は変わってきます。カントン包茎の方は、勃起をすると血液の流れが止まってしまってうっ血するなどで性生活に支障が出る事もありますし、真性包茎の方は恥垢が溜まりやすく不衛生になりがちなので、泌尿器科などでは医療保険の範囲内で包茎手術を受けられる事が多く、保険が適用されると自己負担は数万円程度に抑えられます。

 

仮性包茎の方の包茎手術の場合には、多くが医療保険なしの自由診療になりますから、手術費は自己負担になり費用の相場は8〜20万円程かかるようです。クリニックによって手術の方法や費用が異なりますから、インターネットを使っての事前の下調べや、無料カウンセリングなどを利用して複数のクリニックで費用の見積りをもらうことや、治療内容、アフターケアの充実度の比較をするという事が大切になってきます。

 

相場の費用と比べてあまりにも高い、色々とオプションをすすめられるという場合には、すぐに了承をせずに一旦持ち帰って、他のクリニックの医師の意見も聞いてみるようにしましょう。専門家の意見を複数う摂りいれて吟味する事をセカンドオピニオンと呼んだりしますが、包茎手術に関しても同様に大切な考え方となります。

 

ちなみに、誤解があるといけないので書いておきますが、包茎を専門としたクリニックでは真性包茎だろうとカントン包茎だろうと保険は適用されません。美容を配慮している以上、病気治療ではないため保険が適用されないのです。保険が効かないから損だと思う方もおられると思いますが、実際にはそうとも限りません。なぜ保険が効かなくても美容を重視した包茎クリニックを選ぶのか?その理由があるからそうする男性が多いわけです。理由はこちらで解説しています。

 

実際に包茎手術の費用ってどれぐらいかかるの?関連ページ

保険なしの自由診療の包茎手術にはどんなメリットがあるの?
真性包茎やカントン包茎の方の場合には、総合病院の泌尿器科で医療保険を使って包茎手術を受ける事も可能であり、仮性包茎の方の場合には、保険なしの自由診療で費用は自己負担という事が一般的です。

このページの先頭へ戻る