包茎手術の術後の腫れ〜問題のある腫れとは〜

包茎の男性

包茎手術の術後の悩みに、腫れが引かないという声が多くあります。実際、その縫合部分は痛々しいほどに腫れ上がっており、それを見ると不安になるのは仕方のないことです。

 

しかし、包茎手術に限らずどんな手術であっても、傷口を縫合する手術を行った場合には、術後の縫合部分にはある程度の腫れがみられるものです。場合によっては、感染や出血のために腫れが大きいこともありますが、適切な対処を行えば問題ありません。

 

腫れている間は性行為は不可能ですが、一ヶ月程度で治まるといわれています。これは、包茎手術を施したペニスが完治するための期間の目安だと考えられています。しかし、それ以上経っても治まらないこともあります。そのような場合には、処置が必要になりますので、すぐに医師に相談しましょう。

 

執刀した医師だけに相談すると、残念ながら、過失を認めたくないがために誤魔化されることもあるようですので、他の病院に相談に行くのも手段のひとつです。こうした問題を未然に防ぐためにも、最初からアフターケアにもしっかりと対応してくれる病院選びをすることが重要だといえるでしょう。

包茎手術の術後の腫れ〜問題のある腫れとは〜関連ページ

包茎手術の痛みと麻酔について
包茎手術をする場合、どうしても気になるのがどのくらい痛みを感じるのかということですよね?自分の性器にメスを入れるということを想像するだけで、恐怖にかられる男性は多いと思います。

このページの先頭へ戻る