包茎手術の痛みと麻酔について

包茎手術をする場合、どうしても気になるのがどのくらい痛みを感じるのかということですよね?自分の性器にメスを入れるということを想像するだけで、恐怖にかられる男性は多いと思います。そのため、包茎は治したいけど痛みを感じるのであれば、手術を受けたくないと考えている人も多いはずです。ただ、包茎の症状が酷い場合、衛生状態を保つのが難しいため性病への感染リスクが高まりますし、性行為で不自由な思いをすることになります。仮性包茎であればまだしも、カントン包茎や真性包茎の場合は、日常生活に支障をきたす恐れがあるので、早めに治療を行った方が良いといわれています。

 

では、包茎手術を受ける場合、どのくらいの痛みを我慢すれば良いのでしょうか?まず、みなさんに知っておいていただきたいのが、他の手術同様いきなりメスを入れることはないということです。いきなりメスを入れるのであれば、相当な激痛を感じながら手術をすることになりますが、そんなことは絶対にあり得ません。他の手術同様、必ず麻酔を行ってから手術をするので、手術中にそれほど痛みを感じることはないと思ってください。多少、痛みを感じたという人もいますが、ほとんどの場合、無痛に近い感覚で手術が行われるので、余程痛みに敏感な人ではない限り、耐えられるはずです。

 

また、患者さんの希望によって、麻酔で眠っている時に手術を行うというクリニックもあるので、少しの痛みも感じたくないという人は、そういったところで受けられた方が良いでしょう。このように麻酔をしてしまえば、痛みを感じることがないので、包茎手術が痛いというのは、単なるイメージだと思ってください。

 

ただし、手術は痛くありませんが、麻酔を注入する時に痛みを感じることはあります。最近、どのクリニックも麻酔に力を入れており、できる限り傷みを小さくするために極細の注射針などを使用しています。その努力のおかげで、以前よりも麻酔の痛みは小さくなりましたが、多少なりとも痛みは伴います。クリニックによって麻酔の痛みは異なるので、麻酔の痛みが少ないと評判のところを探した方が良いでしょう。

包茎手術の痛みと麻酔について関連ページ

包茎手術の術後の腫れ〜問題のある腫れとは〜
包茎手術の術後の悩みに、腫れが引かないという声が多くあります。

このページの先頭へ戻る