麻酔方法は2パターンの包茎手術

麻酔

女性には分からない男性だけの悩みとして、代表的なものが包茎ではないでしょうか。女性とのエッチの時に包茎であることは隠したいですし、出来ることなら治したいと誰もが思っているはずです。包茎手術をしてくれるクリニックも増えているのですが、情報が少ないためになかなか勇気が出てこないものです。

 

包茎手術の簡単な手順を説明します。まず、問診ですね。初めてのことですから、丁寧に説明をしてくれますし、分からないことはこの段階で聞くようにしましょう。剃毛が終わったら麻酔をすることになります。(剃毛するかどうかは病院によって違います)

 

皮を切るだけでもかなりの痛みがありますから、麻酔はしっかりとかけていきます。麻酔の方法は大きく2つあります。1つが皮の部分に打つ場合であり、もう1つがペニスの根元にある神経束に打つ方法です。どちらにせよ、包茎手術を成功させるためのものですから、チクっとする痛みに関して我慢しましょう。終わった後、違和感がありますがすぐに元通りになります。

包茎手術の麻酔方法は大きく2パターンがある関連ページ

包茎手術の術後の腫れ〜問題のある腫れとは〜
包茎手術の術後の悩みに、腫れが引かないという声が多くあります。
包茎手術の痛みと麻酔について
包茎手術をする場合、どうしても気になるのがどのくらい痛みを感じるのかということですよね?自分の性器にメスを入れるということを想像するだけで、恐怖にかられる男性は多いと思います。

このページの先頭へ戻る