根本部固定法とは?

包茎手術の一種である根元部固定法とは、包皮をカットしないタイプの包茎手術であり、陰茎の根本部分にギャザーを寄せる形で包皮を集めて接着剤で固定してしまうという方法です。仮性包茎の方や、あともう少し包皮が短かったら亀頭が常に露出しているんだけど…という包皮がそれほど長くないタイプの方にオススメの方法で、逆に真性包茎や亀頭にかぶっている包皮が長い場合には、接着剤で固定しているだけですから半年ほどで元に戻ってしまう可能性もあります。

 

包皮をカットする包茎手術は、長さがうまくマッチしなかった、性感が落ちてしまった、傷跡が目立ってしまったなど、手術を失敗してしまった場合に、一旦カットしてしまった包皮は元には戻せないというデメリットがありますよね。この根元部固定法であれば、切除の場合と比較をしても手術後の回復までの時間が短く、体へのダメージが少ないので、すぐにでもお風呂や性行為なども行うことができますし、外科手術を受ける事にリスクがある持病をお持ちの方やご高齢の方なども気軽に受けることができますよね。

 

痛みを感じやすい急所にメスを入れるというのは、誰しも勇気がいることですから、痛みの少ない、切らない手術を検討するというのも良いかもしれませんね。ただ、真性包茎やカントン包茎の方、また仮性包茎の方でも包皮が厚い方などこの根元部固定法が向いていないという方もおられますから、切らない手術を希望されている患者さんは、医師としっかりと相談をしてどのような方法が良いのかを考えていきましょう。

根本部固定法とは?関連ページ

ナチュラルピーリング法とは?
包茎手術といえば、亀頭が見えるように包皮をカットするというイメージが強いですが、最近では切らない包茎手術も人気を集めているようです。

このページの先頭へ戻る