ナチュラルピーリング法とは?

包茎手術といえば、亀頭が見えるように包皮をカットするというイメージが強いですが、最近では切らない包茎手術も人気を集めているようです。包皮をカットすると、切るということで傷が回復するまでに時間がかかりますし、包皮をカットすることで性感が落ちる場合もありますからリスクも大きいので、手術を受けるかどうかを迷っているという方も多いのではないでしょうか。

 

ナチュラルピーリング法と呼ばれる包茎手術は、包皮から亀頭を出した状態で、包皮を亀頭の根本に縫いつけるという手術方法で、包皮をカットする必要がない切らない包茎手術のひとつです。縫い付けるというと、痛そうなイメージがありますが、目の二重瞼の整形などに使われる体に吸収されてしまう糸を用いて、数カ所包皮を固定するだけですから、手術後のダメージが少なくて済むというメリットがあります。

 

しかし、このナチュラルピーリング法は、真性包茎やカントン包茎の方には不向きな手術で、仮性包茎でもうちょっと包皮が短ければ亀頭が常に露出しているんだけど…という軽い包茎の方向けの手術方法です。ナチュラルピーリング法は法糸で部分的に固定しているだけですから、気に入らない、違和感があるという場合には元に戻すこともできますし、カットするよりもリスクが少ないというメリットもあります。

 

ただし、仮性包茎の方でも包皮が長い方や、クセがつきにくい方の場合には、元に戻ってしまう可能性もあるので、ご自身の包茎の場合には可能かどうかを担当の医師に相談してみましょう。

ナチュラルピーリング法とは?関連ページ

根本部固定法とは?
包茎手術の一種である根元部固定法とは、包皮をカットしないタイプの包茎手術であり、陰茎の根本部分にギャザーを寄せる形で包皮を集めて接着剤で固定してしまうという方法です。

このページの先頭へ戻る